タングルウッド音楽祭に戻った小澤征爾指揮者。
マーラーの「復活」を指揮して、聴衆を魅了する!


この8月6日(日)、タングルウッド音楽祭で、音楽総監督を退任して以来初めてボストン交響楽団を指揮。マーラーの第2交響曲「復活」を演奏した小澤征爾は、聴衆をうっとりと魅了した。

その様子は、”Wiz Ozawa steals BSO Shed show”と題したボストンのヘラルド・トリビューンの記事に詳しく書かれているが、演奏者や合唱団をあわせてステージには250人近くもの人々が登場することになる「復活」の中で、もっともみんなの目を奪い、釘付けにしたのが、小澤征爾指揮者だったということだ。半年間の病気療養のことなど思いもさせない指揮者ぶりで、まさに音楽のために生まれた人だと、賞賛されている。

7月に行われた日本の音楽塾コンサートでコントラルトを歌ったナタリー・シュトゥッツマンが、一緒に出演している。

ここに、記事の一部を抜粋すると、

Sometimes, a performance with more than 250 musicians, including some of the greatest players and singers in the world, pivots around one single performer.  

(省略)

But in the end, it came down to the inimitable Ozawa, making a return to the stage after more than six months on the disabled list (This has been the year of broken-down conductors, hasn’t it?) with a terrible case of shingles.

Ozawa lives for the music, and it would be a mistake to underestimate his extraordinary memory, his understanding of the complexities and his deep desire to make it all come alive.

The score was on his desk, but sat there like a tribute to the composer, never touched. If nearly two hours of music can possibly sound spontaneous, this did.

Stutzmann and Murphy sang responsively in their minor solo roles, and the chorus, as usual, sang with nuance and clarity. The orchestra was magnificent, and the roaring from the crowd carried deep into the Tanglewood night.

何とも幸せな、タングルウッドの夕べだったようだ。
また、今年のタングルウッド音楽祭には、ヴァイオリニスト、五嶋みどりも出演している。

タングルウッド音楽祭記事一覧

ページのトップへ ▲