タングルウッド音楽祭の有名なハプニング
<五嶋みどりさんのバイオリン>

デビューの演奏でおきた五嶋みどりさんの逸話は大変有名で、アメリカでは、教科書にもこのエピソードが載ったほどです。vio-score.jpg

それは、五嶋みどりさんがタングルウッドにデビューした1986年、14歳のときのこと。演奏中に、何とバイオリンの弦が1本切れてしまった。彼女はすぐにコンサートマスターのバイオリンを借りると、何事もなかったかのように演奏を続けた。けれども、そのバイオリンの弦がまた切れてしまったのだ。それでも違うバイオリニストのバイオリンを借りて、また何事もなかったかのように演奏を続けるみどりさん。いつもは自分に合わせた一回り小さいものを弾いているのだが、大人用のものを使って最後までしっかりと演奏を続けた。ハラハラしながら見ていた聴衆からは、大喝采を浴び、指揮をしたバーンスタインは彼女を何度も抱きしめて、その素晴らしさを称えた。これは、「タングルウッドの奇跡」として、アメリカの学校の教科書にも載っているそうだ。若干14歳で、ここまで落ち着いたことができるからこそ、あの天才的な演奏ができるのかもしれない。

タングルウッド音楽祭記事一覧

ページのトップへ ▲