東京文化会館について

東京都が開都500年(1457年江戸城築城を起源)を記念して、昭和36年(1961)4月建設された日本初のクラシックホール。戦後日本の建築界をリードした前川國男による設計。日本に良質な音楽文化を根づかせるために建てられたホールは、オーケストラ、バレエ、オペラなどのための大ホールと、小編成の演奏会による小ホール、その他各種の会議室、リハーサル室、音楽資料室を備えた、まさに音楽の殿堂。

オープン当初から改修を重ね、平成10年には、18ヶ月もの年月をかけた大改修工事が行われた。それまで分散して収納されていた音響反射板を、一括して奈落に収納するようにしたため、上部の空間にゆとりができ、吊りものや照明装置がさらに充実した。また、空調機や客席の椅子のきしみなどといった騒音も改善した。小ホールの評判も高い。

財団法人 東京都歴史文化財団 東京文化会館〒110-8716 
東京都台東区上野公園5-45Tel 03-3828-2111(代表)

東京のオペラの森記事一覧

ページのトップへ ▲