小澤征爾&ウィーン・フィル ニューイヤー・コンサート2002 


いわずと知れた、小澤征爾さん指揮による2002年のニューイヤー・コンサートをライブで収めたCD。1万枚でも売れるとヒットといわれるクラシックCDだが、売り上げは日本国内だけで100万枚を超え、第16回日本ゴールドディスク大賞「クラシック・アルバム・オブ・ザ・イヤー」を受賞した。今までのカラヤンのCD、70万枚の記録を軽く塗りかえたメガ・ヒットCDだ。

60数年の歴史を持つニューイヤー・コンサートは、ヨーロッパのクラシック音楽の伝統を代表するコンサート。その指揮者に、東洋人で初めて小澤征爾さんが選ばれたのだ。日本のクラシック音楽界にとって、これはひとつの歴史的金字塔となる出来事だった。しかしそれだけなら、ここまでのメガ・ヒットにはならない。小澤征爾さんの指揮者としての実力だけではなく、何よりも人としての魅力が、普段はあまりクラシックを聴かない人々の心も揺さぶったのではないだろうか。

ポルカとワルツだけが次々と演奏されるのがこのニューイヤー・コンサートだが、ときにはやさしく美しく、ときには弾むような演奏が、本当に楽しい。いつも全身全霊で、人間味あふれる指揮をする小澤さんと、そして小澤さんの指揮に応えてそれ以上の素晴らしい演奏をするウィーン・フィルの一体感が、躍動感あふれる楽しい音楽となって伝わってくるのだ。

勉強家の小澤さんは、このコンサートの指揮をするにあたって猛勉強をしたそうだ。ウィーン・フィルのヘルスベルク団長はその準備の入念さに感心したという。そして、小澤さんによるとウィーン・フィルもそれに応えようと、リハーサルでは熱心に練習をしたらしい。その成果があって、毎年演奏されるお決まりの曲でも心から楽しめる。

DVDなら最後、コンサートが終わって拍手の嵐に包まれる中、投げキッスをするチャーミングな小澤さんが見られます!


*ニューイヤーコンサートDVD版を今すぐご購入希望の方は、下記より購入できます。

CD/DVD紹介記事一覧

ページのトップへ ▲