1.テレビで大感激!
1987年のサイトウキネン・オーケストラ

それは、1987年11月2日のことだった。新聞のテレビ番組欄で、話には聞いていたサイトウキネン・オーケストラのドキュメンタリー番組を見つけた。タイトルは「ヨーロッパへ行く 小澤征爾と仲間たち」。サイトウキネン・オーケストラがこの年、ヨーロッパへ初めての演奏旅行をしたのをまとめたドキュメンタリーだ。

番組は、コンサートのためにウィーンの空港に着き、飛行機から降りて歩いている演奏者たちの姿で始まった。安芸晶子さんがいる!堀米ゆず子さんがいる!堤剛さんがいる!!そして、もちろん小澤征爾さんもいる!!日本を代表する素晴らしい演奏家たちの大集合だ。

わずか12日間、ウィーン、ダッハウ(ドイツ)、ロンドン、ベルリン、パリ、フランクフルトでの6回の演奏旅行のために、世界のあちこちからトップクラスの日本人演奏家が集まってくる。そして12日間の演奏旅行ギー、ロンドン、サンフランシスコ、ニューヨーク、トロントといったそれぞれの根拠地に戻っていく。なんてカッコイイ!それだけでも興奮していると、やがて、練習風景が始まった。

「こんなこと言うと、齋藤先生に怒られちゃうかもしれないけどさぁ・・」小澤さんがディレクションを出しながら言うと、皆に笑いが起きる。そんな和やかな雰囲気の中で、奏者たちはこのオーケストラで演奏することのうれしさからか、笑顔を見せながら正確な音を出し、素晴らしい響きをたちまち創っていく。

サイトウキネンの初ヨーロッパツアーのプログラムは、R.シュトラウスのozawa-photo10.jpg
「ティル・オイレンシュピーゲルの愉快ないたずら」、モーツァルトの「ディヴェルティメントK.136」、ブラームスの交響曲第一番。いずれも齋藤先生が得意としたものだそうで、弟子だったサイトウキネンの奏者たちも、齋藤先生の下では何度も演奏したそうだ。とはいえ、卒業後何十年の時間を経て、それぞれ別々に世界で活躍してきた人たちが再度集まったときに、どんな音になるのだろうか。もうテレビから、、目も耳も離すわけにはいかなくなった。

やっぱり!ものすごい迫力の響きだ。やさしい音はやさしいなりに、強い音は強いなりに、聴く人の心に迫ってくる。前へ、前へと出てくる迫力のある音だ。「心で歌え!」というのが齊藤先生の教えのひとつだったそうだが、まさにその通り。99人の演奏する素晴らしい音が、小澤征爾さんの指揮の下にひとつの束となって、喜びや悲しみを歌っている。本当に日本人だけのオーケストラなのか、信じられなかった。

演奏は西洋音楽の本場、ウィーンでもベルリンでも大喝采。ベルリンコンサートの翌日の新聞では、なんと「西暦2000年のヨーロッパのオーケストラは、日本人だけになってしまうのではないか。手遅れにならないように団結しよう」と書かれたそうだ。

このドキュメンタリーの中で垣間聴くブラームスの交響曲第一番は、本当に素晴らしい。サイトウキネンで録音されたCDも持っているけれど、こちらの音のほうが格段に素晴らしく迫力がある気がする。指揮をしていて「熱風が向こうから押し寄せてきているみたい」だと小澤さんが話していたが、みんなの興奮が音楽にのってからかもしれない。

ドキュメンタリーの最後に、「齋藤先生に聴かせたかったですよ」と目を潤ませながら語る小澤さんは、また、「本当に幸福な思いをさせてもらいました。」「(齋藤先生が育てた)大事なものを預かってやっている」気がしましたと言っている。見ている私たちまでもが、その幸福をわけてもらった気がする。

私が見たコンサート記事一覧

ページのトップへ ▲